登山道具

アグレッシブデザインの日焼け止めが登山中焼けない、汗っかきでも落ちない!【サンプロテクトファイター】

 

学生の頃登山していた時は
日焼け止めをしていませんでしたが、

社会人になってから登山をして、
学生の時よりも日焼けしやすく、
仕事などの疲れもあってか、
紫外線を浴びると、
疲れを感じやすくなりました。

 

そこで色々日焼け止めを試したところ、
アグレッシブデザインの
サンプロテクトファイターが、
汗っかきの私でも落ちにくく、
持続時間が高いので、
良いと感じました。

アグレッシブデザイン
サンプロテクト

  • 登山で持続時間が長い日焼け止め
  • 汗っかきでも落ちにくい
  • 保湿効果あり
  • ベタベタしにくい
  • 男性でも使いやすい
  • 洗い流す時はクレンジングオイルがあったほうが良い

 

 

アグレッシブデザイン

アグレッシブデザイン
WAKO’Sなどのブランドも扱う
株式会社和光ケミカルのブランドです。

アスリート向けに開発された
疲労を蓄積しないよう
紫外線の影響に着目した
商品の開発を行っています。

一般の方も休日には
アウトドアスポーツを快適に楽しめるよう
紫外線などによる疲れを抑え、
翌日に疲労を残さず、
快適な日常生活を送れるよう
考えられた商品が販売されています。

登山用日焼け止めとして効果は充分!

サンプロテクトの日焼け止めは
登山などのアウトドア用の
日焼け止めとしては
かなり効果が高いです。

 

紫外線による炎症を防ぐ性能を表す
SPFなどの

  • SPF50+/PA++++
  • ウォータープルーフ
  • スウェットプルーフ

アウトドアに必要な紫外線から肌を守る
日焼け止めの効果を持っています。

 

ただし、他の日焼け止めに比べ、
値段が高めになっています。

汗っかきでも落ちない

登山中は長時間行動する事もあり、
日焼け止めは塗りなおすのが
当たり前でした。

 

特に他の人より
汗をかく量が多いので、
良く塗りなおしていましたが、

サンプロテクトの日焼け止めは
登山口で1回、少し多めに塗っておくと、

夏の登山でも、
丸一日日焼けする事が
ほぼありませんでした。

 

しかしながら、
タオルなどで強くこすって、
汗をぬぐってしまうと、
落ちてしまう事はあります。

 

汗の量が少ない場合だと、
登山口でサンプロテクトを
塗っておくと、

1泊2日の登山なら、
日焼け止めの効果は
充分持続していました。

塗り心地が良くサラサラで保湿成分配合

サンプロテクトの日焼け止めは
かなりサラサラしており、
塗った後もベタベタする感じは
あまりありません。

臭いも少なく、
ベタベタするのが嫌で、
日焼け止めを使わないという
男性の方でも
比較的使いやすい日焼け止めだと
思います。

植物由来の成分で、
肌に優しく、
保湿効果もあります。

塗る前には
良く振ってから
日焼け止めを塗ってください。

振らずに日焼け止めを出すと、
油分がかなり分離しており、
最大限効果を発揮できません。

 

クレンジングオイルが無いと落ちない…

アグレッシブデザインの
サンプロテクトですが、
アウトドア用の日焼け止めとしては
性能も高く、持続時間も長くて、
おすすめですが、落ちにくいです。

しかしながら、下山後、
普通の洗顔フォームで洗っても
なかなか落ちませんでした。

日焼け止めは残ったままになると、
酸化して、肌荒れなどの原因に
なります。

 

私は最初日焼け止めだけ買ったので、
クレンジングオイルは
また別で購入しました。

クレンジングオイルがあると
比較的簡単に日焼け止めが落とせるので、
あったほうが良いと思います。

 

濡れた状態でクレンジングオイルを
塗っても良いみたいですが、

乾いた状態で塗った方が
日焼け止めは良く落ちます。

クレンジングを肌に塗って
こすらずに、
1分ほど待つと良いみたいです。

 

 

個人的には
このクレンジングオイルを
日焼け止めを塗って箇所に
渇いた状態で塗り、
綺麗に洗い流した後、
普通の洗顔フォームで洗う
かなり綺麗に落ちます。

 

日焼け止めのサンプロテクトと
クレンジングオイルは
セットで買うのがおすすめです。

 

 

 

他の日焼け止めのおすすめは
下記の記事で紹介しています。

汗っかきの私が使っている登山でおすすめの日焼け止め! 学生の頃登山していた時は 日焼け止めをしていませんでしたが、 社会人になってから登山をして、 学生の時よりも日焼けしや...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA