アナログゲーム

コードネーム:デュエット!2人で出来る協力型ゲーム!【アナログゲーム】

 

近年色々なアナログゲームに
ハマっており、大学時代の友人と
大阪で良くやっていました。

しかし、最近は中々県外に遊びに行けず、
地元に友人が少ないため、
今年は少人数でできるアナログゲームを
探してやっていました。

 

今回やってみたのは
コードネーム:デュエット
をやってみました。

コードネームデュエット

  • 2人用のアナログゲーム
  • 対戦ではなく協力型ゲームで
    盛り上がる
  • 自分のキーワードが相手に
    上手く伝わると気持ち良い

 

 

コードネームデュエット

コードネーム:デュエットは
2人用の協力型のアナログゲームです。

ドイツでゲーム大賞を取った
「コードネーム」のシリーズ物です。

日本語版も出ており、
日本でもファンは多いゲームです。

 

オリジナル版は人数が必要ですが、
すぐに会える友人が少ない私は
2人で出来るコードネーム:デュエットを
買ってやってみました。

 

ゲーム概要

2人の潜入諜報員が、大都市で極秘任務に就いている。それぞれは9人ずつのエージェントを知っており、彼らとコンタクトを取らなければならない。暗号を用いて連絡し、敵の送り込んだ暗殺者を避けながら、制限時間内にミッションを完了しなければならない。

参考:コードーネーム:デュエット 説明書

 

ゲームのルール

 

ゲームの目的

制限時間(9ターン以内)に
仲間(エージェント)15人を
探し出すとクリアです。

勝利
15人のエージェントを探し出す事。

敗北
暗殺者を選んでしまった。

制限時間(9ターン)経っても
エージェントを探し出す事が
できなかった。

25枚のコードネームカードを
並べてゲームスタートです。

このキーカードを見て、
自分の知っているエージェントを
確認します。

裏側も自分が見えている表とは
別の表が描かれています。

  • 緑:エージェント
  • 黒:暗殺者
  • 空欄:一般人

 

お互いはこのキーカードを見て
相手にキーワードで
エージェントを伝えます。

例えばリスとゾウの
エージェントを相手に伝えたい場合は

動物、2枚」と言った
キーワード、枚数
エージェントを伝えます。

9ターンで15人のエージェントを
探し出さねばならないため、

複数のエージェントを伝える
キーワードを言っていく必要があります。

 

キーワードがうまく伝わると気持ちが良く、
ゲームが盛り上がります。

対戦型ではなく、協力型ゲームは珍しい

興味を持ったのは
対戦型ではなく協力型という点です。

普通は2人でゲームをすると
どちらかが勝ち、どちらかが負けですが、

このゲームは
全員負けか全員勝ちになるので、
あまり見かけないタイプのゲームだと
思います。

 

対戦型だとどちらかが負けると
悔しいからもう一回となりますが、

クリア=全員勝ちなので、
気持ち良くゲームを終える事ができます。

 

実際にプレイした感想

 

実際にコードネーム:デュエットを
やってみました。

一緒にやったのは
いつもの親友アッシー君です。

はじめはうまく伝えられず、
時間切れ(9ターン経過)になり、
中々クリアできませんでしたが、

ゲームに慣れてくれば
さすが親友、うまく伝わると
どんどんクリアする事ができました。

 

やってみて面白いと思ったのは

面白い点
  • キーワードが上手く伝わると
    気持ち良い
  • クリア=全員勝ちなので、
    2人とも気分良く終われる
  • 20分前後の短時間で盛り上がれる
  • 普段から仲の良い人とやると
    さらに盛り上がる

 

仲の良い友人同士でやると
お互いの考えている事が
ある程度知っているので、

キーワードで身内ネタを出して、
それが伝わると
めちゃくちゃ盛り上がりました。

ただし、信頼関係が無いと…笑

 

2人用のアナログゲームは
夫婦や恋人とやると楽しいと思います。

私のような独身で友人が少ない人でも
2人で楽しめるのでおすすめです笑

2対2のチーム戦でやるのも
面白そうですね。

 

 

4人~8人なら
オリジナル版もおすすめです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA