日常生活

洗顔から身体までこれ1つで洗える!カウブランドの牛乳石鹸「赤箱」が最強!

 

今まではボディソープや洗顔料
いくつか買って試す事もありましたが、
現在では家で使う時は
これ1つです。

カウブランドの牛乳石鹸
「赤箱」です!

 

牛乳石鹸の「赤箱」

  • 顔から身体まで全身洗える固形石鹸が便利
  • 牛乳石鹸の「赤箱」
  • 顔や身体を洗う時に使っている道具を紹介
  • 牛乳石鹸のメーカーが出している洗顔フォームは持ち運びに便利

 

 

牛乳石鹸とは

牛乳石鹸は
牛乳石鹼共進社株式会社のブランド
カウブランドが製造販売する
固形石鹸です。

パッケージに
ウシのマークが入った箱を
見たことがある人は多いと思います。

 

ミルクバター等の自然由来の成分に
こだわっており、
肌にもやさしい石鹸になっております。

 

牛乳石鹸は「釜だき製法」という
昔ながらの製法作られています。

時間がかかる製法ですが、
この方法のおかげで、
保湿効果が上がり、
洗い心地の良い石鹸になるそうです。

肌へのやさしさにこだわった
固形石鹸なのです。

 

牛乳石鹸(固形石鹸)を使う理由

固形石鹸を使う理由

1.顔から身体まで全身に使える

2.コストパフォーマンスが良い

3.しっかり洗える(洗浄力がある)

4.無駄なものが入ってないので、肌が弱くても使える

5.香りが好み

1.顔から身体まで全身に使える

固形石鹸は物にもよりますが、
顔から身体まで全身洗えるものが
多いです。

洗顔用とかボディーソープとか
使い分けする事が面倒になったので、
固形石鹸を使い始めました。

2.コストパフォーマンスが良い

しかも固形石鹸1つはかなり安いです。

牛乳石鹸は1個100円もしないので、
かなり安く済みます。

これで顔も身体も洗えるので、
便利です。

 

私は牛乳石鹸1個で
約1か月ほど使えるので、
牛乳石鹸に代えてから、
石鹸にお金を使う事が減りました。

3.しっかり洗える(洗浄力がある)

固形石鹸は洗浄力が強いので、
汚れをしっかり落としてくれます。

洗浄力が強すぎても良くありませんが、
牛乳石鹸の「赤箱」は
汚れをしっかり落としつつ
肌に必要な油分は落とし過ぎないので、
肌にとても良い石鹸です。

4.無駄なものが入ってないので、肌が弱くても使える

無駄なものが一切入っていないので、
肌が弱い人でも使えます。

敏感肌で合わない石鹸が多い人は
固形石鹸を使うと
肌トラブルが減った人も
多いようです。

 

牛乳石鹸の「赤箱」は保湿効果もあるので、
ニキビに悩んでいる方、
肌が乾燥しやすい方も
一度試す価値はあると思います。

どうせ100円もしないので、
1度試してみて、
肌に合わなかったとしても
損はしないと思います。

5.香りが好み

これは個人差があると思いますが、
私個人的には
牛乳石鹸の香りが好きです。

洗った直後から放たれる
牛乳石鹸の香りは
良い香りで落ち着きます。

牛乳石鹸「青箱」ではなく「赤箱」の理由

牛乳石鹸には「赤箱」だけでなく、
「青箱」もあります。

なぜ「赤箱」を使うのかは
公式のブランドサイトに答えがあります。

ちなみに牛乳石鹸には
赤箱」と「青箱」がありますよね。

「赤箱」と「青箱」の違いは
公式のブランドサイトに比較表があります。

カウブランド 赤箱 牛乳石鹸共進社株式会社

 

この比較表を見ると、
「赤箱」は「青箱」と比べて、

スクワランといううるおい成分が
含まれています。
確かに赤箱の方が肌が
しっとりとする感じがあります。
しかもこの公式ブランドサイトを見ると、
洗顔に使えると公式が記載しているので、
「赤箱」にしました。
値段も1個100円ちょっとなので
かなり安く済みます。

固形石鹸は石鹸置きが必要

固形石鹸を使う時は
石鹸置きが必要です。

石鹸置きを置かないと、
固形石鹸の周りが
ぬるぬるしてしまったり、
固形石鹸が水にぬれることで
溶けてしまい、すぐ無くなってしまいます。

 

固形石鹸を使う時には
固形石鹸を長持ちさせるためにも
石鹸置きは絶対置きましょう。

個人的にはこちらを使っています。
底が浅いので、
石鹸を置いたときに
あまり深さが無いので、
落ちる可能性も考えられますが、
私はあまり気になりませんでした。

こちらの石鹸置きは
石鹸との接地面が少なく、
底が浅いことで手入れもしやすく、
排水もしてくれるので、
固形石鹸が溶けることもありません。

 

 

ちなみにコップやスポンジを置くのにも
便利です。

 

 

マグネットで壁に取り付けるタイプも
便利です。

なめらかホイップボディタオルがおすすめ!

ボディタオルは
このなめらかホイップボディタオルが
おすすめです。

固形石鹸と相性抜群で、
石鹸がよく泡立ちます。

タオル自体も柔らかい生地で、
肌を傷つけにくいです。

 

洗顔の時は泡立てネットを使いましょう

固形石鹸は手で泡立てようとしても
泡立ちにくいので、
泡立てネットを使う事をおすすめします。

 

しっかり泡立てて、
その泡で優しく洗顔をしてあげると、
顔全体をしっかり洗う事ができます。

泡で優しく洗う事で、
肌に負担もかかりません。

 

固形石鹸は手で泡立てるより、
泡立てネットに少量固形石鹸を
こすりつけるだけで結構泡立つので、
泡立てネットを使った方が、
石鹸の減りが少なくて済みます。

 

外で使う時はカウブランドの洗顔フォーム

固形石鹸は値段も安く便利ですが、
唯一のデメリットを挙げるとすれば、
持ち運びに不便な事です。

銭湯や温泉に行く事もあるので、
そんな時は洗顔フォームを持っていきます。

 

牛乳石鹸を作っているメーカー
カウブランドが出している
洗顔フォームです。

 

洗浄力は固形石鹸に比べると
落ちるかもしれませんが、
牛乳石鹸「赤箱」同様
肌にやさしい洗顔フォームなので、
外で使う時はこちらを使っています。

さすがカウブランド値段も安いです。

 

最後に

 

牛乳石鹸の「赤箱」1つで
顔から身体まで洗えるので便利です。

値段も安く肌にも優しい成分で
できているので、
是非一度使ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA