登山道具

アイゼンは12本爪と6本爪の2種類を持っていれば冬山登山は安心!

 

雪山登山の必需品
アイゼンを紹介します。

 

雪山でアイゼンは必需品

  • 6本爪と12本爪を持っていれば良い
  • アイゼン装着時はスパッツが必要
  • 12本アイゼンがあると雪山は安心
  • 急坂のない1500m以下の山なら、軽アイゼンでも良い
  • 軽アイゼンは6本爪アイゼンが良い

 

アイゼンとは?

アイゼンは雪山登山時に
氷雪上の登山時の歩行で使用する
靴底に装着する金具です。

氷雪上では必要なのはもちろん、
雪で滑りやすい傾斜のある山では
必需品となります。

アイゼン装着の際はスパッツ(ゲイター)が必要

アイゼンを装着する際は
必ずスパッツ(ゲイター)を装着してください。

アイゼンの爪が
登山ズボンに当たる事が多いので、
ズボンが破けるのを防止してくれます。

またスパッツは靴とズボンの隙間から
雪が入ってくるのも防いでくれるので、
雪山登山の必需品と言えます。

私はイスカの
ゴアテックスライトスパッツレギュラー
使っています。

下に伸びているゴムは
靴底に回して使います。

日本製で丈夫なため、
アイゼン装着時も安心して使えます。

 

 

 

小柄な方(身長155cm以下)なら
ミッドサイズもあります。

 

長いスパッツのほうが
汚れが付きにくくて安心という場合は
小柄な方でもレギュラーサイズで
問題ありません。

12本爪アイゼンがあれば安心

雪山登山で12本爪のアイゼンがあれば、
ほとんどの日本の雪山を歩行できます。

12本爪アイゼンは
靴底全体をおおう事ができるので、
氷面でもしっかり地面を蹴る事が
できます。

グリベルのG12シリーズがおすすめ

標高1500m以上や
縦走で雪山を登る際は
グリベルのG12シリーズがおすすめです。

爪が長いので、
しっかり氷面をとらえます。

難所や急な斜面の雪山でも
登りやすくなります。

 

 

雪山でも岩場を歩くことが多い場合は
グリベルのエアーテックシリーズを
検討してください。

12本アイゼンは登山靴との相性で選ぶ

12本爪アイゼンを選ぶ際は
登山靴との相性で選ぶ必要があります。

グリベルのG12シリーズだと

コバ/アイゼン種類ワンタッチセミワンタッチハーネス式
前コバ必要不要不要
後ろコバ必要必要不要

 

登山靴にコバがあるかどうかで
購入するアイゼンを決めます

 

 

私の登山靴は後ろコバはありますが、
厳冬期用の登山靴ではないので、
前コバがありません。

そのため所有しているアイゼンは
後ろコバがある登山靴に使える
セミワンタッチ式を使っています。

コバに引っかけて
使えるアイゼンの方が
装着が簡単になってします。

 

コバが無いなら

 

後ろコバがあるならセミワンタッチ式

 

前後にコバがあるならワンタッチ式

アイゼンを買ったら事前準備を

後ろの金具を持ち上げると、
プレートのサイズを調整できます。

アイゼンを持っていく前に
一度装着をして、
サイズの調整をしておきましょう。

 

一度装着をしてから、
ベルトが余る場合は、
切ってください。

あまりギリギリで切りすぎると
ベルトを締める際に
ベルトを持ちにくくなり、
ひっぱる所が無くなるので、
多めに残しておきます。

ベルトの切り口は火で
あぶっておきましょう。

アイゼンケース

グリベルの12本アイゼンは
ケースがついているわけでは
ありません。

刃がついているので、
そのままザックに入れておくと、
危ないです。

 

グリベルにも
もちろんアイゼンケースは売っています。

 

しかしながら、サイズを測ってみると、
収納する際に私の足のサイズだと、
寸法がギリギリな気がしたので、
別のケースを探したところ…

マウンテンダックスの
アイゼンケースにしました。

デザインはグリベルの
アイゼンケースに比べ、
恰好良くはありませんが、

収納に余裕があるので、
個人的にはこちらの方が好きです。

 

開くとこんな感じです。

後ろコバの金具を内側に倒せば、
すっぽり収まります。

収納に余裕があり、
片づける際に手間もないため、
こちらのケースにして正解でした。

 

 

6本アイゼン

傾斜のきつくない1500m以下の
雪山登山の場合は
6本爪のアイゼンでも登れます

 

6本爪アイゼンは
軽アイゼンと呼ばれ、
軽量でコンパクトで
持ち運びやすいです。

ただし、
靴底をすべておおう事ができないため、
しっかり地面を蹴る事ができません

 

もしかしたら必要になるかも
といった際の予備のアイゼンとして、
携帯用に使っています。

アイトレック6本爪アイゼンがおすすめ

イワタニプリムスの
6本爪アイゼンがおすすめです。

マウンテンダックスの後継ですが、
工場も同じなので、ほぼ変わりません。

日本製で安心して使えます。

左右がはっきり書かれているので、
靴に装着する際に
間違える事がありません。

 

靴底すべてを
おおっているわけではないので、
12本爪アイゼンと違い、
地面をしっかり蹴る事はできません。

 

こちらは最初から
収納ケースがついています。

取り付け方も書いてあるので、
安心ですね。

 

雪山の必需品アイゼン

アイゼンは雪山では必需品です。

12本爪アイゼンがあれば
ほとんどの日本の雪山を
登る事ができます。

6本爪の軽アイゼンは
傾斜のない低山であれば
登る事ができる事と、
いざ必要になった時の
予備のアイゼンとして使えます。

 

 

 

12本爪はグリベルのG12シリーズ

コバが無い登山靴なら

 

後ろコバがある登山靴なら

 

前後にコバがあるなら

 

 

 

12本爪のアイゼンケースは

 

 

 

6本爪はアイ・トレックの軽アイゼン

 

 

 

アイゼン装着時はスパッツが必要です。

 

小柄な方なら

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA