道の駅・PA

【道の駅】織姫の里なかのと!地元色の強い、地元に愛された道の駅!

 

道の駅
織姫の里なかのと
へ寄ってきました。

紹介していきます。

 

道の駅 織姫の里なかのと

  • 地元色の強い道の駅
  • 道の駅内は能登の情報盛りだくさん
  • 能登の特産品が買える「織姫市場」
  • 能登の食材を使ったフードコート「織姫ダイニング」
  • ドッグラン・公園もある

 

道の駅 織姫の里なかのと

 

道の駅 織姫の里なかのとは
平成26年4月にオープンしました。

道の駅内はかなり綺麗です。

 

敷地が広く、
駐車スペースも90台近くあります。

織物の町と知られているため、
外からでも綺麗な織物が見られます。

道の駅内の案内図です。

「地域交流 なかのと情報コーナー」

 

中能登の情報が詰まった
地域交流 なかのと情報コーナーです。

周辺の観光地情報等もありますが、
展示物が面白いです。

 

「織物の町」としても知られる中能登町

 

中能登は
繊維工業で栄えた町としても
知られています。

伝統織物「能登上布」も
展示されています。

 

「おりひめ」

 

ゆるキャラでしょうか
「おりひめ」というらしいです。
そのままですね笑

マンホールカードも
あるみたいですよ。

日本最古のおにぎり?

 

日本最古のおにぎりがあるとの情報を
聞いていたので、行ってみると、

日本最古のおにぎり
ありました!

弥生時代の遺跡から
発見されたようです。

面白いので見てみる価値は
あるかもしれません。

 

 

これをきっかけに
おにぎりの日というイベントが
催されてるようです。

6月18日11月18日
やっているそうで、

18日は「米」という漢字を分けると
漢数字の「十」と「八」に
分解できるので、
全国的にも18日を米の日としている
所もあるようです。

6月なのは鹿西(ろくせい)町から
数字の6を連想するから

11月なのは最古のおにぎりが
発見されたのは11月だからだそうです。

その日だけでなく、
その日がかかる1週間ほど
行われるみたいです。

フードコート「織姫ダイニング」

 

ご当地グルメが食べられる
フードコート「織姫ダイニング」

 

お店は3つあり、

とりのす:能登豚カレーをメインとした
スイーツやコーヒー等

喜久屋:うどん、そば、ラーメン等の麺類

おり姫:御膳系の定食やどんぶり

のお店になっています。

おり姫は水曜日が定休日で
閉まっていました。

メニューも豊富で、
地元の食材を使ったメニューが
楽しめます。

 

私も昼時だったので、
何か食べていくことにしました。

今回食べたのはこちら

 

中島菜うどんです!

中島菜とは
旧中島町で現在は七尾市でとれる
名産の野菜です。

漬物等で使われますが、
塩漬けしても花を咲かせるほどの
生命力が強い野菜で、
ビタミン、ミネラルが豊富で
ビタミンCやカロテンは他の葉野菜よりも
多く含まれています。

また、
ペプチドが多く含まれており、
高血圧にかなり効果の高い
野菜です。

 

中島菜うどんは
中島菜を粉末にして
うどんに混ぜられているようです。

ダシがあっさりしていますが、
落ち着く味で美味しかったです。

うどんは温、冷が選べます。
写真は冷たいうどんです。

能登の特産品が買える「織姫市場」

 

織姫市場は

能登の特産品を中心とした
スーパーのような雰囲気でしたね。
買い物に来ている地元の人も
多かったです。

 

能登の地元の食材が豊富です。

能登牛が目玉のようです。

地元の野菜が数多く並んでいます。

 

雰囲気はスーパーのようでしたが、
能登のお土産コーナーも
種類が豊富なので、
お土産もここで買うことができます。

トイレから庭が!

 

トイレに入ると…

綺麗な小さな庭が見えます。

この庭の向こうは壁なので、
トイレからしか見られませんね笑

ドッグランもあります

 

ドッグランも併設されています。

 

ペットを連れて訪問しても
楽しめます。

ドッグランの奥は公園になっているので、
子供連れの家族も多く見られました。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA