登山・アウトドア

オリンパスタフシリーズのカメラが登山で大活躍!【Tough TG-6】

 

つい最近まで登山中の写真は
スマートフォンで撮影していました。

 

登山の写真を携帯で撮る場合は?首からかけれる防水ケースがおすすめ!風呂でも使える! 私は登山でカメラを使わず、 スマホで写真を撮ることが多いです。 そのため 普通のスマホケースで 写真を撮っていると ...

このようなスマホケースに入れて
写真を撮っていましたが、

  • 登山中にカメラを起動させるのが面倒
  • 電池の減りが早い
  • ヤマレコアプリ導入で
    スマホはGPS地図を起動しているため、
    カメラと同時使用は不便
ヤマレコ

ヤマレコ

YAMARECO INC.無料posted withアプリーチ

 

 

という理由からついにデジカメを導入しました。

OLYMPUS Tough TG-6

を導入したので、
紹介していきます。

 

前回の御在所登山の時に
使用してみましたが、
登山のために作られたんじゃないかと
思ったほど、
登山中の撮影に便利なカメラだと
感じました。

御在所岳登山!【鈴鹿セブンマウンテン】【三重県】【滋賀県】 7年前まで関西に住んでいましたが、 実は三重県の山は ほとんど登った事が無く、 いつかは鈴鹿セブン制覇しようなんて 考え...

 

OLYMPUS Tough tg-6
(オリンパスタフシリーズ)

  • 登山アウトドアにピッタリのカメラ
  • カメラに不慣れでも使いこなせる
  • 撮影シーンに合わせて補正してくれる
  • オリンパスのカメラは手振れしにくい
  • アクセサリー(別売り)が便利

OLYMPUS Tough(タフ)シリーズ

オリンパスのタフシリーズは
山や海、どんな場所でも
耐える事が出来る
強靭なカメラです。

コンデジカメラは
レンズ交換はできませんが、
正直登山中に
レンズ交換して撮るのは
面倒です。

しかし、
このカメラ1本で初心者でも簡単に
綺麗な写真が撮れてしまうので、
登山などのアウトドアには
ピッタリなカメラだと思います。

Tough-TG6が登山中の写真を撮るのに便利!

Tough TG-6が
登山で実際写真を撮ってみて
物凄く便利だったので
紹介します。

丈夫でカメラの起動も早い

Tough TG-6は

  • 耐衝撃:高さ2.1m/100kgf
  • 耐防水:IPX8(防水性として最大等級)
  • 耐防塵:IP6X(防塵性として最大等級)
  • 耐低温:-10度まで耐えられる

 

とかなり強靭なカメラ
登山でも安心して使えます。

 

また、カメラの起動も
2,3秒で起動するので、
シャッターチャンスを
逃すこともありません。

シーンに合わせて補正

オリンパスのカメラには
カメラ本体に
画像補正機能がついているので、
カメラ初心者の私でも
簡単に綺麗な写真を撮る事が
できます。

 

どんな写真を撮るのか
設定画面で選ぶだけなので
本当に便利です。

 

風景を撮るを選ぶだけで、
ちゃんと登山の景色を撮るための
モードに切り替わるので、
操作も簡単
綺麗な写真も簡単に撮る事が
できました。

 

オリンパスは手振れしにくい!

オリンパスのカメラは
世界最高の
手振れ補正機能を搭載しているため、
写真を撮り慣れていない私でも
綺麗に写真を撮る事ができます。

 

 

写真をうまく撮る自身が無い…
でも綺麗な写真を撮りたいと
思っていたので、

至れり尽くせりの
タフシリーズのカメラは
カメラ初心者の私にとって
安心して使う事ができました。

アクセサリー(別売り)が便利!

オリンパスの
タフシリーズカメラには
カメラを便利に使うための
アクセサリー(別売り)が
豊富です。

 

スポーツホルダーがとにかく便利!

スポーツホルダー(別売り)が
登山では便利です。

このようにザックに取り付けができ、
登山中すぐに写真を撮りたい場合は
ホルダーから外して
すぐに取り出せます。

ゴムでしっかり固定できるので、
しっかりとめれば
外れて落とす事も
あまりありません。

このスパイラルコードを
カラビナに取り付ける事が
できるので、
落としてしまう事もありません。

 

とりつけるカラビナが
かなり安っぽいので、

私はなんとなく取り替えました。

ザックも含めて
全部青色になってしまいましたね笑

保護フィルム

登山では
液晶を保護してあげないと
確実に傷つけてしまうと思います。

  • 液晶を傷つけるのを防ぐ
  • 耐衝撃
  • 汚れ防止

のためにも
買ったらすぐにつけておくことを
おすすめします。

 

この液晶フィルムは
撥水効果もあるので、
登山中に液晶が見えにくくなる
という事もありません。

レンズバリアは別途購入が必要

オリンパスタフシリーズのカメラは
レンズを傷から守る
レンズバリアが付いていません。

レンズがむき出しなので、
登山で傷や汚れが付きそうで
不安だったため、
別途レンズバリアを購入しました。

 

レンズバリアの作りは
安っぽいので、
正直壊れやすそうですが、

レンズバリアを回すだけで
簡単に開け締めができるので、
とても便利です。

ただ、オプションではなく
最初からレンズバリアは
付けて置いて欲しいですね…

元々レンズに付属している部品は
銀色のボタンを押しながら
外すことができます。

付属部品を外したら、
レンズバリアをはめてあげるだけで
装着できます。

 

SDカードを忘れずに

私はデジカメすら使用する経験が
ほとんどなかったため、
SDカードを買い忘れて、
すぐに使用できませんでした。

 

SDカードを用意し忘れる人は
私くらいだと思いますが、
デジカメを買う際は
注意してください。

オリンパス撤退

 

オリンパスがカメラ事業から撤退すると
発表がありました。

 

買った後に
「製品サポートしてくれないと困る…」

なんて考えてしまって、
中々買うまでに至らなかったのですが、

  • 製品サポートは継続して行われる
  • 事業は日本産業パートナーズ㈱
    という実績のある企業に譲渡される

との事で今後も安心して
使用できるだろうという判断で
購入を決めました。

 

というより早くカメラを
導入したかったのも
あるのですが…笑

 

何度も赤字企業を
黒字に転換している実績があり、
今まで培ってきたノウハウのもと、
オリンパスのカメラ事業は
黒字転換できるという戦略があり、
事業継承しているので、
今後も安心して使っていけると
信じています。

 

 

ともかく
Tough TG-6を
買ってしまったので、
今後の登山でどんどん使っていこうと
思います。

とにかく綺麗な写真を
うまく撮れるよう
実践あるのみです!

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA