登山道具

登山に便利な保温ボトル!【サーモス山専ボトル】【象印ステンレスマグ】【水筒】

 

登山に持っていく水筒(ボトル)は
ホっと一息付きたい時に
飲みたい温度で飲む事ができるのが
理想です。

登山中の保温ボトルは
登山中の楽しみを向上させるので、
あると便利です。

登山の水筒(保温ボトル)

  • 保温力が高いサーモス山専ボトル
  • 保温、保冷どちらにも対応
  • お湯を使った調理に便利
  • 象印(魔法瓶)ステンレスマグもおすすめ

 

登山の水筒保温ボトルとは

登山中に

  • 冷たい飲み物が飲みたい!
  • 温かいコーヒーが飲みたい!
  • カップ麺を食べたい!
  • お湯を使って何か作りたい!

といった際にあると便利です。

登山中に温かい、冷たい飲み物が飲みたい

普通の水筒に飲み物を持っていくと
当然飲み水がぬるくなってしまいます。

登山中に

  • 山で温かいコーヒーが飲みたい!
  • 暑い日は冷たい飲み物が飲みたい!

といった時に
保温ボトルは欠かせません。

 

カップ麺などのお湯が必要な時に便利

登山中にカップ麺を持って行って、
食べるという方も多いです。

カップ麺1個を食べるのに
わざわざ山の上でお湯を沸かすのは
時間の無駄で面倒です。

最初からお湯を持っていけば、
そのような面倒な作業がなくなります。

お湯を沸かして使う料理に便利

私は山でインスタントラーメンを
作る事が多いです。

 

インスタントラーメンを
水から沸騰させて作る事になると、
時間がかかります。

ですので、お湯をボトルに持っていき、
沸かしなおして作れば、
短時間で沸騰させる事ができるため、
保温ボトルは重宝しています。

登山中に山ラーメンを楽しむために
保温ボトルは欠かせません。

重要なのは保温力

登山中に冷水やお湯を持っていく場合、

頂上に着いて一息入れる際や
昼食でカップ麺を食べる、
食後にコーヒーを飲むなど

山に着いてすぐに飲むわけではなく、
何時間か経ってから使う事が
多いはずです。

特にカップ麺を作るなら、
70度くらいのお湯は必要なので、
時間が経っても保温力がある
ボトルが必要です。

ですので、持ってきた冷水やお湯の
温度を長く保ってくれる
ボトルを用意する必要があります。

サーモス山専ボトル

 

山専ボトルという名前の通り
登山で使う人の事を考えている
機能性の高いボトルになっています。

サイズは

  • 500ml
  • 750ml
  • 900ml

があります。

 

サーモス製の商品は保温力が高く、
日本のメーカーである事から、
私自身も愛用しています。

何といっても保温力が高い

ボトルを選ぶうえで一番重要な
保温力が高いです。

お湯を入れて6時間後でも78度以上で
充分カップ麺を作る事ができます。

ちなみに登山に使うマグカップも
サーモス製のものを使っています。

温かい飲み物を注いでも
冷めにくいので、
サーモスの製品はよく愛用しています。

750mlのタイプが登場し便利になった

 

私はお湯を使って、

  • カップ麺
  • インスタントコーヒー

を作るのに
お湯を持っていく事が多いです。

 

500mlだと量が物足りず、
900mlだと多すぎるという声から、
ちょうど良い750mlサイズが
登場しました。

 

750mlのボトルの場合
一般的な器型のカップ麺(400ml)と
インスタントコーヒー2杯(280ml)が
作れるので、
ちょうど良い大きさです。

 

登山で使いやすい機能も豊富

まずなんといっても軽量です。

これは登山ではボトルを選ぶ基準として
欠かせません。

山専ボトルのフタは
当然コップにも使えます。

このフタ自体もグリップ力があり
手袋をしていても
回しやすくなっています。

中の水を取り出すための
スクリューも回しやすいです。

水筒の底には
シリコンカバーが付いており、
傷つきにくく、滑り止め
役割を果たしてくれます。

また、このシリコンカバーは
取り外しも可能です。

分解できるので、洗うのが楽

ボトルの栓は分解できるため、
洗いやすいです。

ボトルブラシがあれば、
水筒の底まで洗う事ができます。

山専ボトルのポーチも売っています。

 

本体が傷つかないよう
あったらいいなとは思うのですが、

値段が高い事と、
取り出すのが面倒なので、
私は使っていません。

 

安心の日本製

私はなるべくなら
安心して購入できる日本製のものを
選ぶ事が多いです。

 

海外工場で作られている物もありますが、
日本のメーカーならではの
厳しい品質管理基準をクリアしており、
安心して使う事ができます。

 

 

象印ステンレスマグ

象印といえば、
水筒の魔法瓶(マホービン)ですよね。

保温ボトルではかなり歴史があり、
日本メーカーという事で、
こちらも安心して使えます。

象印のステンレスマグ
登山中に使う保温ボトルに便利です。

 

6時間後の保温力も71度以上と
十分な保温力があります。

間違ってフタが開いてしまわないよう、
ロック機能も付いています。

飲み口が付いているので、
冷たい飲み物を入れて持っていきたい方は
こちらが便利です。

 

色もメタルカラーがおしゃれで
気に入っています。

サイズは

  • 360ml
  • 480ml
  • 600ml

があります。

私が使っている480mlのボトルなら、

一般的な筒形カップ麺1個(300ml)と
コーヒー1杯140mlが作れます。

 

 

登山中に保温ボトルがあると、

  • カップ麺を食べたり、
  • 温かいコーヒーを飲んだり、
  • 短時間お湯を沸かす事ができると

登山が楽しくなります。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA