登山道具

汗っかきの私が今年登山で使って良かった日焼け止め!

 

 

 

つい最近まで登山で
日焼け止めを使う事は
あまりありませんでした。

しかしながら、
去年の屋久島登山で、
腕がヤケド状態になり、痛みが引かず、

さらに
そのまま温泉に入ってしまったため、
痛みで泣きながら、
湯につかる事になりました。

 

屋久島登山!【H27.3】【R1.5】【宮之浦岳】【永田岳】【モッチョム岳】 今回は屋久島登山の事を 書こうと思います。 想定外の事が起きたため、 計画していた行程を途中変更し、 結果的に今まで...

 

という事で今年の登山からは
日焼け止めを使い、
日焼け対策を行うことにしました。

  • 登山に日焼け止めは必須(登山装備の1つ)
  • 登山では日焼け止めは1年中必要
  • 汗っかきの私が使って良かった日焼け止めを紹介

 

日焼け止め

登山では日常生活よりも
高い位置にいます。

標高が高いと、
有害な紫外線を浴びやすくなります。

 

つい最近まで日焼けについては
軽視しており、
日焼けなんて大した事はないだろうと
思っていました。

登山では1年中日焼け対策が必要

登山では
常に日焼け止めが必須です。

  • 夏は当然日焼けする
  • 春秋も標高が高いので、
    紫外線を浴びやすい
  • 冬は雪の照り返しで日に焼ける

 

登山では1年中日焼け止めが
必要なのです。

日焼け止めで肌を守らないと…

つい最近まで日焼けなんて
気にしなくていいかと
思っていました。

 

まず日焼け対策をするきっかけは…

風呂に入る時物凄く痛い

からです。

 

そんな事かと
思われるかもしれませんが、
登山後の一番の楽しみは
温泉なのです。

 

元々色白なので
日焼けしやすいのですが、
一緒に登った登山仲間より
日焼けしてしまい、
痛くて一人だけ温泉が楽しめず、
つらかったです。

 

他にも紫外線を浴びすぎると…

  • 紫外線のダメージが蓄積され、
    シミやシワの原因になる
  • 紫外線が原因で見た目が老けて見える

など対策できるなら、
しておいたほうが良いです。

 

汗っかきの私が登山で使って良かった日焼け止め

まず日焼けしない事が重要ですが、
単純に日焼けに強いだけの
日焼け止めでは
登山中の汗で流れてしまいます。

汗や水に強い
ウォータープルーフ」と
書かれていても
私は汗っかきなので
流れてしまう事も多いです。

 

 

日焼け止めを選ぶ基準は

  • スポーツアウトドア用
  • ウォータープルーフ
  • スレに強いと評判の物
  • SPF50+と記載
  • PA++++と記載

 

の中から10種類くらいは
使ってみました。

その中でも良かったものだけ
紹介します。

 

市販で売っているのは
女性をターゲットにしたものが
多いのですが、
男性で汗の量が多い私の肌を
しっかり守ってくれるものもありました。

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク

通称「金のアネッサ」ですね。
定番です。

アクアブースター技術
暑さや汗などの水分に当たると
一層日焼け止め効果があるとの事。

その効果はわかりませんでしたが笑

 

確かに全く焼ける事がありませんでした。

アウトドア界では
最強の日焼け止めと言われるだけの
効果はあります。

 

金のアネッサには
60mlと20mlがあります。

両方買って、
登山前に60mlをたっぷり塗って、
登山中の塗りなおし用に
20mlを携帯すると
便利だと思います。

ビオレ UV アスリズム

登山好きの女性で、
この日焼け止めを
使っている人が多いとの事で、
使ってみたら、
確かに日焼けしませんでした。

 

かなり汗に強く
低山の登山で何度か使いましたが、
(夏の低山は涼しくならないので、
汗だくになります。)
汗にも負けず、
肌を守ってくれました。

 

評判をみると、
ジャスミンの香りで
あまりべた付かず使いやすいと
書かれているのを多く見ます。

臭いはそこまで気にならないですが、
べた付きが気になる人は
いるかもしれません。

男性向けならNULLの日焼け止め

 

使い切ってから
容器を捨ててしまったので、
写真はないのですが、
使いやすかったです。

 

前者2つは結構べた付きがあります。
(私はむしろべた付いているほうが
効果がありそうなので好きです笑)

NULLの日焼け止めは
クリーム系なのですが、
塗り心地はさらっとしていて、
良く伸びるので使いやすいです。

 

男性向けの日焼け止めが、
意外と汗で流れて溶け出す事がありましたが、
NULLの日焼け止めは
汗で流れ落ちる事は少なく、
紫外線から肌を守ってくれました。

 

容器の大きさも
手のひらサイズで携帯しやすいです。

夏場はどうしても塗りなおしが必要でした

夏場は私の汗の量が異常なので、
汗に強いと言っても、
流石に塗りなおしが必要でした。

 

5時間以上歩く場合は
途中で塗りなおしていました。

基本的には
3時間に1度塗りなおしたほうが
良いらしいので、
5時間なら1回塗りなおせば
日焼けを回避できるはずです。

 

夏場は塗りなおしが必要になるので、
個人的には携帯できる大きさの
日焼け止めを携帯できるものが
便利だと思います。

 

アウトドア専用の日焼け止めで有名な物もあるが…

登山用日焼け止めといえば、
このスティックの日焼け止めの
評判を効くんですが、

個人的には
スティックタイプが塗りにくいのと、
塗ってる途中力が強すぎて
折れちゃったので、
使うのをやめました。

あと値段が高いんですよね…

ただし虫よけ効果があるので、
虫が寄ってこないのは
便利でした。

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA